タグ別アーカイブ: キャッシング

キャッシングの申し込み

私は現在独身の23歳。実家暮らしで仕事は会社で営業部に所属しています。年収は同年代の人間と比べてももらっているほうですが、家にお金を給料のほとんどを入れているので、生活はかなり質素だと思います。実家は、昨年に父が他界し、兄妹がいない私が母親世話をするしかない状態です。母は父が他界してしまったことで、心神喪失状態が続き、心も身体も弱っています。父が他界しなければ、今頃は一人暮らしをして、今よりも自由気ままに生活していたことを想像することもありますが、母が心配なので、家から離れることができません。

そんな生活をしているある日、母が倒れてしまい、病院へ入院することになりました。正直生活に余裕がない中で、保険に入っていない母が入院してしまうとかなりの出費になってしまいます。

私は困り果てました。入院費用が一日当たり5000円ほど掛かってしまいます。先生に相談すると、容態が安定しない内に退院させることは危険だと言います。かなりのプレッシャーと負担が私に掛かりますが、それでも大事な母の為に一生懸命働こうと決めます。ですが、どれだけ一生懸命働いても、足りないお金を補うことができません。

そんなときに、思いついたのが消費者金融にキャッシングの申し込みをすることです。今までキャッシングを利用したことはありませんが、今回ばかりはしょうがないと思い、キャッシングに申し込むことに。

家の近所にあった大手消費者金融の自動契約機から申し込みをしました。申し込み自体初めてだったので、かなり緊張しましたが、問題なく申し込みをすることができました。借金したことがないので、審査に問題はないと思っていましたが、それでも万が一審査に落ちることを考えたらかなり緊張しました。審査には1時間ほど掛かりましたが、希望金額通りに審査に通ることができて、生活をなんとかすることができました。母には、一日でも早く体調を良くしてもらい、私は一生懸命働いて、今ある借金んを完済していきたいと思っています。

キャッシングと利息

キャッシングはとても便利です。日本人の場合、キャッシングというと借金というイメージが結びついてしまい、そして借金にはとてもネガティブなイメージがつきまといます。
断言します。それは誤解です。借金というとなんというか、堕落した遊び人というイメージを持ってしまうのですね。

確かにそう言う人もいるかも知れませんが、しかし、それは一部の人であって、お金を借りている人の大部分は借金をきちんと返しているはずです。
そうでなければ借金業者というビジネスは成り立たないのです。

さて、キャッシングと言うビジネスですが、当然利息というものがつきまといます。
それは当然で、利息が貸金業者の収入になるわけです。あなたが利息をきちんと付けて返す事で貸金業者が収入を得、その収入を元手に貸金業者があなたにお金を貸す。

このようにしてビジネスは回っていくわけです。利息は貸金というお金の流れを回し、引いては経済全体を回すという大事なものなのです。

利息というとやはりどうしても「不当」というイメージがありましたが、昨今の法整備により、社会から批判を受けるような利率でお金を貸すことは不可能になりました。
利息は業者によってまちまちですが、4.5%から18%と言うところが多いですが、少額であれば一般的には高くなります。

また、個人の「信用」によっても利率が左右されます。
信用と言っても漠然とした話ではなく、今までの「キャッシングの実績」によって判断されると言う事を意味します。