タグ別アーカイブ: カードローン

カードローンを利用する人へアドバイスをしたいです

私の主人は、10年ほど前にカードローンなどの借金が増えすぎて返せなくなり自己破産しました。私も協力してパートで掛け持ちで働いたりしたのですが、5か所ほどで借りていたので、返済が大変で生活費も足りなくて、私が夜勤で働いてもとても返せそうになかったので、電車の中の広告を見て、弁護士さんに相談して、自己破産をしました。

私がカードローンを利用する人にアドバイスしたいのは、事情があってカードローンなどを利用するのはしょうがないと思います。上手に利用するならいいのですが、ただ欲しい物が我慢できないというような理由で借りるのはやめた方がいいです。一度借りると、次回からはその返済の分、よけいに家計は苦しくなります。

苦しくなるから、また借りるという事になり、だんだん借金の額が増えてしまいます。限度額に達すると、借りる所を増やす事になり、いつも間にか、4,5か所ぐらいに増えてしまい、そうなると、かなり頑張って収入を増やしても減らしていけないぐらいになってしまいます。

そして自己破産をすると、後が大変です。その時は借金を返さなくて済んで楽になって良かったと思うのですが、ブラックリストに載ってしまい。時効の7年を過ぎてもなかなかカードが作れなくなります。今の時代クレジット・カードが作れないと困る事も多いです。カードを持つ事は信用になるので、持てないという事は信用してもらえない事にもなります。

気を付けてよく考えて返す計算もしてから、利用して下さい。普通の収入の人だったら、せいぜい100万円ぐらいが返せる限界だと思います。それでも何年もかかると思います。借りるなら1社までにして、絶対に2社以上に増やさないで下さい。

総量規制対象外のカードローンの審査

キャッシングを利用する時に総量規制という言葉をよく聞くと思います。総量規制とは年収の3分の1までに制限される事を言います。主に消費者金融が対象で銀行カードローンは総量規制の対象外です。そのため多額の借り入れする時は銀行カードローンの方になってしまいます。

しかし総量規制対象外という事は会社側から見てもリスクが高いという事になります。実際年収の3分の1以上を借り入れすることになるかもしれないので、ちゃんと返済してくれるのか不安になってしまうでしょう。そういった点から総量規制対象外の銀行カードローンは審査が厳しいのです。

銀行カードローンの審査の重要される点は定職に就いていて安定的な収入があるという点と過去の返済歴や他社の借り入れ歴です。この2つの要素でだいたい審査が通るかどうか決まってしまいます。キャッシングを利用する時は安心出来るところから借り入れしたいと思って銀行カードローンを申し込む人は多いのですが、なかなか2つの要素が自分に当てはまらなくて審査が通らない人が多いのも事実です。

銀行カードローンを利用する時は定職に就いていて安定的な収入があるという点と過去の返済歴や他社の借り入れ歴が審査の対象だという事を把握しておくと良いでしょう。