カテゴリー別アーカイブ: 利息について

融資限度額を振り上げる方式

キャッシングを利用していると、会社によって利回りがある程度違うことに感づくかと思います。こういう利回りは勝手に好きなように設定して可愛いものではないのです。その最長を作る掟が存在しています。例えば利子限定法がそれです。それによると、現在は上限20パーセンテージまでしか利子をとってはいけないのです。したがって、それ以上をとっている企業は不法ということになりますが、中にはそんな企業も存在しているケー。大手の有名な企業はそんな大丈夫と思いますが、大手の企業のチェックに落ちたりすると、あまり知らない企業にも手を出していかないといけないこともありますから、そういったときに注意してほしいのです。
掟を知っていれば、20パーセンテージ以上の利回りを設定しているところは、悪い企業だと分かると思うのですが、そんな知識がないと、20パーセンテージを超えるような利回りを設定していても、ほんのり安いか?と想う程度で、到底違法な利回りを課しているとは思えないだから、危ない企業を事前に見る転機を逃してしまって要るということになります。元来とられてはいけない利子をとられないために、危険な企業を見極めるために、利回りに関する掟は知っておくと良いでしょう。

キャッシングと利息

キャッシングはとても便利です。日本人の場合、キャッシングというと借金というイメージが結びついてしまい、そして借金にはとてもネガティブなイメージがつきまといます。
断言します。それは誤解です。借金というとなんというか、堕落した遊び人というイメージを持ってしまうのですね。

確かにそう言う人もいるかも知れませんが、しかし、それは一部の人であって、お金を借りている人の大部分は借金をきちんと返しているはずです。
そうでなければ借金業者というビジネスは成り立たないのです。

さて、キャッシングと言うビジネスですが、当然利息というものがつきまといます。
それは当然で、利息が貸金業者の収入になるわけです。あなたが利息をきちんと付けて返す事で貸金業者が収入を得、その収入を元手に貸金業者があなたにお金を貸す。

このようにしてビジネスは回っていくわけです。利息は貸金というお金の流れを回し、引いては経済全体を回すという大事なものなのです。

利息というとやはりどうしても「不当」というイメージがありましたが、昨今の法整備により、社会から批判を受けるような利率でお金を貸すことは不可能になりました。
利息は業者によってまちまちですが、4.5%から18%と言うところが多いですが、少額であれば一般的には高くなります。

また、個人の「信用」によっても利率が左右されます。
信用と言っても漠然とした話ではなく、今までの「キャッシングの実績」によって判断されると言う事を意味します。