カテゴリー別アーカイブ: 体験談

夕方に入る取引先との飲食のための即日のキャッシング

営業関連の仕事をしているの日中の交渉事はもとより、飲食で取引先と信頼を重ねるということも度々あります。

事前に日程がすでに決まっていれば、スケジュールはもとより交際費も準備ができています。しかし当日のその日の夕方になかなか断りにくい集まりができてしまうと渋々参加することになります。

何よりも十分な交際費を準備していない日もありますから、そんな日は夕方までに何とかしておかなければなりません。午前中に当日の夕方に飲食の集まりに呼ばれた際に慌てて利用したことがあるのが、即日キャッシングです。申し込みをするとすぐに審査通過の返答があったので、速やかにローンカードを作成して借り入れができました。

しかも初回は無利息期間があったので、次の給料の振り込みと同時に返済を終えて、一円も利息を支払うこともありませんでした。キャッシング会社からすると、初回はお試しであっても、利用する経験をもってもらうことでハードルを下げて、今後も利用の機会を持ってもらいたいということなのでしょう。

確かに計画的にさえキャッシングを利用することがが出来れば、一度にしかも突然の出費を分散させることができるので、とても便利な要素が多いと感じました。

大学生の頃に合宿に参加するためキャッシングを利用しました

私は大学生の頃にどうしてもお金が欲しい時期があり、消費者金融でキャッシングを利用しました。その時はサークルの合宿に参加をするための費用が足りなくてお金を借りたのです。

ただ、学生の自分がキャッシングを利用できるか分からず、最初は不安もありました。ただ、インターネットのサイトを読んでみるとアルバイトをしていれば審査に通る可能性はあるという事が分かり、早速申し込みをしてみたのです。

その当時私は居酒屋のアルバイトを2年以上続けており、週に4日は働いていました。キャッシングの審査で重視されるのはアルバイトをどれくらい長く続けているかという事と、毎月安定した収入があるかという点です。私の場合はどちらも問題ないと考えました。

申し込みは自動契約機を利用してすぐに終わらせることが出来ました。その後の審査は無事に通り、キャッシングを利用できるようになったのです。そのおかげで合宿に参加をするためのお金を借りることが出来ました。キャッシングが学生でも利用出来て本当に良かったです。

キャッシングの申し込み

私は現在独身の23歳。実家暮らしで仕事は会社で営業部に所属しています。年収は同年代の人間と比べてももらっているほうですが、家にお金を給料のほとんどを入れているので、生活はかなり質素だと思います。実家は、昨年に父が他界し、兄妹がいない私が母親世話をするしかない状態です。母は父が他界してしまったことで、心神喪失状態が続き、心も身体も弱っています。父が他界しなければ、今頃は一人暮らしをして、今よりも自由気ままに生活していたことを想像することもありますが、母が心配なので、家から離れることができません。

そんな生活をしているある日、母が倒れてしまい、病院へ入院することになりました。正直生活に余裕がない中で、保険に入っていない母が入院してしまうとかなりの出費になってしまいます。

私は困り果てました。入院費用が一日当たり5000円ほど掛かってしまいます。先生に相談すると、容態が安定しない内に退院させることは危険だと言います。かなりのプレッシャーと負担が私に掛かりますが、それでも大事な母の為に一生懸命働こうと決めます。ですが、どれだけ一生懸命働いても、足りないお金を補うことができません。

そんなときに、思いついたのが消費者金融にキャッシングの申し込みをすることです。今までキャッシングを利用したことはありませんが、今回ばかりはしょうがないと思い、キャッシングに申し込むことに。

家の近所にあった大手消費者金融の自動契約機から申し込みをしました。申し込み自体初めてだったので、かなり緊張しましたが、問題なく申し込みをすることができました。借金したことがないので、審査に問題はないと思っていましたが、それでも万が一審査に落ちることを考えたらかなり緊張しました。審査には1時間ほど掛かりましたが、希望金額通りに審査に通ることができて、生活をなんとかすることができました。母には、一日でも早く体調を良くしてもらい、私は一生懸命働いて、今ある借金んを完済していきたいと思っています。