キャッシングの本人確認、派遣社員の場合には?

金融機関でお金を借りるときに必ずあるのが本人確認です。どこの誰とも判らない人に無担保でお金を貸す人はいませんから、これはどこの金融会社でも融資の際には必ず行うことです。基本的には申し込み用紙に記入した勤務先に電話がかかってきて、そこに間違いなく勤務しているかどうかをチェックし、それで終わります。中には生年月日などを言わなければならないところもあるようですが、本人が電話に出た時点でチェックが完了するところも多くなっています。

しかし、派遣社員のように、雇ってくれている会社と仕事をしている会社が違う場合があります。どちらを記入するか悩む人も多いようですが、基本的には派遣元を書くようにしましょう。大きい企業へ派遣されている場合、派遣社員に関しては度々かわるために社員名簿にのせていないところもあり、その場合には「うちにはそのような人物は勤務しておりません」と言われてしまう場合があるからです。派遣元にしておけば、その点が安心です。