キャッシングの申し込み

私は現在独身の23歳。実家暮らしで仕事は会社で営業部に所属しています。年収は同年代の人間と比べてももらっているほうですが、家にお金を給料のほとんどを入れているので、生活はかなり質素だと思います。実家は、昨年に父が他界し、兄妹がいない私が母親世話をするしかない状態です。母は父が他界してしまったことで、心神喪失状態が続き、心も身体も弱っています。父が他界しなければ、今頃は一人暮らしをして、今よりも自由気ままに生活していたことを想像することもありますが、母が心配なので、家から離れることができません。

そんな生活をしているある日、母が倒れてしまい、病院へ入院することになりました。正直生活に余裕がない中で、保険に入っていない母が入院してしまうとかなりの出費になってしまいます。

私は困り果てました。入院費用が一日当たり5000円ほど掛かってしまいます。先生に相談すると、容態が安定しない内に退院させることは危険だと言います。かなりのプレッシャーと負担が私に掛かりますが、それでも大事な母の為に一生懸命働こうと決めます。ですが、どれだけ一生懸命働いても、足りないお金を補うことができません。

そんなときに、思いついたのが消費者金融にキャッシングの申し込みをすることです。今までキャッシングを利用したことはありませんが、今回ばかりはしょうがないと思い、キャッシングに申し込むことに。

家の近所にあった大手消費者金融の自動契約機から申し込みをしました。申し込み自体初めてだったので、かなり緊張しましたが、問題なく申し込みをすることができました。借金したことがないので、審査に問題はないと思っていましたが、それでも万が一審査に落ちることを考えたらかなり緊張しました。審査には1時間ほど掛かりましたが、希望金額通りに審査に通ることができて、生活をなんとかすることができました。母には、一日でも早く体調を良くしてもらい、私は一生懸命働いて、今ある借金んを完済していきたいと思っています。

キャッシングと利息

最短でお金を借りる方法とは?

キャッシングはとても便利です。日本人の場合、キャッシングというと借金というイメージが結びついてしまい、そして借金にはとてもネガティブなイメージがつきまといます。
断言します。それは誤解です。借金というとなんというか、堕落した遊び人というイメージを持ってしまうのですね。

確かにそう言う人もいるかも知れませんが、しかし、それは一部の人であって、お金を借りている人の大部分は借金をきちんと返しているはずです。
そうでなければ借金業者というビジネスは成り立たないのです。

さて、キャッシングと言うビジネスですが、当然利息というものがつきまといます。
それは当然で、利息が貸金業者の収入になるわけです。あなたが利息をきちんと付けて返す事で貸金業者が収入を得、その収入を元手に貸金業者があなたにお金を貸す。

このようにしてビジネスは回っていくわけです。利息は貸金というお金の流れを回し、引いては経済全体を回すという大事なものなのです。

利息というとやはりどうしても「不当」というイメージがありましたが、昨今の法整備により、社会から批判を受けるような利率でお金を貸すことは不可能になりました。
利息は業者によってまちまちですが、4.5%から18%と言うところが多いですが、少額であれば一般的には高くなります。

また、個人の「信用」によっても利率が左右されます。
信用と言っても漠然とした話ではなく、今までの「キャッシングの実績」によって判断されると言う事を意味します。

どうせ借りるなら金利はオトクに利用したい!

どうしても今日中に借りたい、でもどこで借りたら良いのか分らないという場合もあると思います。
更に少しでオトクに借りられたら良いですよね。

お金を借りると必ず返済日が来ます。返済では、元金だけでなく利息も支払う必要があります。

借りたお金はキッチリと返済する義務がありますが、利息については利用する金融機関によって少しでもオトクにすることが可能です。

利息を節約することによって返済の総額を減らすことができますが、その為には無利息サービスのある金融会社を利用すると良いですね。

特に新生銀行カードローン・レイクでは、2種類の無利息サービスが用意されています。
無利息期間はレイクで初めて借入れをする時に限定されますが、期間中ならば何度借入れや返済を繰返しても利息は「0円」です。

2種類の無利息サービスとは以下の通りです。

●30日間全額無利息

借入れから30日間は、借入金の全額に対して利息が掛かりません。
利用の限度額以内ならば、金額や回数に係わらず無利息となります。

●5万円まで180日間無利息

5万円までならば、180日間無利息になるサービスです。
ただし、借入れの上限は200万円以下となっています。

上記の2種類の無利息期間は、借入れの金額と返済の回数(返済期間)により、その選択が別れることになります。

詳しくはレイクの返済シミュレーションを参考にされることをおススメいたしますが、
少なくとも5~10万円以下の借入れならば、180日間無利息サービスを利用した方がオトクとなります。

折角の無利息サービスであること、2種類の内のどちらかしか選択できないことを考えると、
返済シミュレーションで支払う利息の総額を充分に把握し、どちらのービスを利用するべきか考えてみることが大切ですね。

無利息サービスを利用するメリットとは、前述のように期間中の利息を0円にすることができることです。
更にそれに加えて、利息を支払わなくても良い期間の返済においては、返済額と同額で元金を返済できることも大きなメリットです。
通常は返済金の中から利息分を支払い、最後に残った金額を元金の返済に充てることになります。

利息の支払いがなければ、その月は全額元金の返済分になるので、元金を早く減らすことができるのです。

その点から考えるならば、レイクの180日間無利息サービスを利用すれば、約6か月間は元金の返済のみ行っていくことができます。
この期間に集中的に元金を減らすことができます。

ただし無利息になるのは5万円までなので、借入額や返済回数が多いと6回分の利息が0円となっても、それほど大きな効果を得られない場合もあります。その場合には、借入金の全額を30日間無利息で借りた方が支払う利息が少なくなることもあります。

以上のことから、レイクの無利息サービスの利用はオススメとなりますが、どちらの無利息期間を利用するかということについては、
充分なシミュレーションが必要ということがお分かりいただけると思います。

その他レイクのコールセンターに電話をして、無利息サービスの選択について相談されると良いですね。