主婦でも利用できるキャッシング

キャッシングを利用する際には、総量規制のことを踏まえて利用しなければなりません。この総量規制とは、借り入れをすることができる金額が年収の3分の1と決められている法律です。したがって、年収が330万円だったとすると、110万円までしか借り入れをすることができません。この法律ができることによって、主婦の借り入れが難しくなりました。

主婦は自身に収入がないことが多く、この総量規制に引っかかってしまうからです。ですが、主婦でも利用することができるキャッシングがあります。配偶者貸付を利用することで、主婦でもキャッシングを利用することができます。配偶者貸付の特徴は、夫が同意したとする書類が必要だということです。その他にも収入証明など多くの書類が必要になってしまいます。

消費者金融は総量規制の対象になりますが、銀行ローンは対象になりません。銀行ローンは主婦でも気軽に申し込みができるものが多く、困ったときはまずは銀行ローンを利用しましょう。

総量規制対象外のカードローンの審査

キャッシングを利用する時に総量規制という言葉をよく聞くと思います。総量規制とは年収の3分の1までに制限される事を言います。主に消費者金融が対象で銀行カードローンは総量規制の対象外です。そのため多額の借り入れする時は銀行カードローンの方になってしまいます。

しかし総量規制対象外という事は会社側から見てもリスクが高いという事になります。実際年収の3分の1以上を借り入れすることになるかもしれないので、ちゃんと返済してくれるのか不安になってしまうでしょう。そういった点から総量規制対象外の銀行カードローンは審査が厳しいのです。

銀行カードローンの審査の重要される点は定職に就いていて安定的な収入があるという点と過去の返済歴や他社の借り入れ歴です。この2つの要素でだいたい審査が通るかどうか決まってしまいます。キャッシングを利用する時は安心出来るところから借り入れしたいと思って銀行カードローンを申し込む人は多いのですが、なかなか2つの要素が自分に当てはまらなくて審査が通らない人が多いのも事実です。

銀行カードローンを利用する時は定職に就いていて安定的な収入があるという点と過去の返済歴や他社の借り入れ歴が審査の対象だという事を把握しておくと良いでしょう。

借り換えのタイミングについて

初めに答えを出すのであれば「出来るのであれば早めに借り換えを行っていくべきである」という結論になります。

借り換えを行うという事は金利や返済日などの都合がそちらの方が良いという事ですから、いい方に乗り換えるのは当然のことです。また貸した側にしても、貸した金と金利さえしっかりと返してもらえれば良いので、借り換えをしたからと言ってとやかく言われることは有りません。

逆に返済困難な状況になって借り換えを考えるとなると、審査に断られるなどの問題が出てきます。なのでタイミングを考えるというよりも、金利が安い方に飛びつきつつ返済していく位の考えで良いと思います。

ただし注意点として借り換えは「返すための物」であって「余裕を生むための借金」ではありません。金利が安くなったからと必要以上に借りてその結果、というのも珍しくないので、借り換えと同時に返済する事を心がけましょう。

総量規制対象外のおまとめローン

「おまとめローン」という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれません。また、「借り換えローン」という言葉もあります。厳密には違いがありますが、「複数のローンをまとめて1つのローンにする」という意味合いでは一緒です。今回はこの「おまとめローン」について、実際に利用したことのある私が感じたメリットをご紹介させて頂きます。

当時、私は消費者金融A社で50万、B社で30万、C社で20万のカードローンを利用しており、全て限度額一杯まで借りていました。巷でいう「天井張り付き」の状態でした。返済が滞ることはなかったのですが、やはり元本がなかなか減らなかったことと、返済日もバラバラであり、急な出費などがあった場合に対応できませんでした。

そこで、ネットで見つけた「おまとめローン」を利用することにしました。私は銀行系の「おまとめローン」を利用しました。

<メリット1>利息が減って元本が確実に減っていく!

銀行系、消費者金融系を問わず「おまとめローン」の基本的な性格として、「まとめた(借り換えた)場合に、借り手が必ず有利になるような条件」が設定されています。これは総量規制にも関係する部分で、この条件があるからこそ、「おまとめローン」は消費者金融系であっても、総量規制の対象外となるのです。

その有利になる条件とは、簡単にいえば「利息」です。「おまとめローン」の利息は、一般のカードローンと比べかなり低く設定されています。例えば年利で5パーセント違うだけでも、100万円借りていたとすれば、1月あたり約4000円の違いが出てきます。これは非常に大きいものです。

<メリット2>返済日が1つになり、返し忘れもなくなる!

複数のカードローンを借りていると、返済方法や返済日がまちまちだったりします。これは借りている立場からすると面倒なだけではなく、常に借金に追われているような感覚に陥ります。「おまとめローン」で返済日を1つにすると、月の資金繰りもやりやすくなります。基本的に「おまとめローン」は返済専用なので、新たな借り入れをすることなく、確実に借金が減っていくことになります。

私は100万円の借金を「おまとめローン」で1つにして、3年がかりで返しました。いくら金利が安くなったといえど、元本の額は変わりません。返すのは大変でしたが、仮にそのままの状況が続いていれば絶対に完済は出来なかったと思います。

借金をしてしまった自分の生活を立て直す一つの手段として、「おまとめローン」はオススメです。銀行系のおまとめローンは審査が若干厳しいかもしれませんが、消費者金融系であればある程度柔軟な審査も行っているようなので、借金で困っている方は、1度ご相談してみてはいかがでしょうか。

キャッシングで自動契約機を活用する

キャッシングの際にどうすれば自動契約機を活用することができるのでしょうか。今日はキャッシングを利用する際に、特に即日融資を利用する際に、上手に自動契約機を用いる方法を記したいと思います。

さて、今ではWEB契約というのを大手のキャッシング会社であれば利用することができます。それで、今ではWEBを使って利用する人が多くはなっています。とはいえ、無人契約機は全国に配置されており、これを活用しない手はありません。

では、どんなタイミングで無人契約機を活用することはできるのでしょうか。それは即日融資です。キャッシングを利用する際に即日で融資を受けたい場合にはどうしたら良いのでしょうか。実は、即日で融資を受けるためにはある程度の条件をクリアしていかないとスムーズに融資を受けることができません。

まず、午前中のうちにWEBでもいいので、申し込みを終えておく必要があります。そうすると、すぐに審査を行ってくれます。さて、無事に審査が行われればおそらくお昼過ぎ、午後には審査に通過したという通知がきます。

さて、問題はそこからです。実際にお金を借り入れるためにはカードが発行され、そしてそれを受け取る必要があります。そうでないと、お金を引き出すことはできません。そこで、役立つのが無人契約機です。カードの受け取りを無人契約機から受け取るに指定するとすぐにカードを手に入れることができます。

このように自動契約機を上手に活用することによって、即日で融資を受けることができるのです。

低金利でアルバイト、パートOKな楽天ローン

銀行系キャッシングの中でも、近年急速に注目を集めているキャッシングが楽天ローンです。いくつかの点において非常に優れた長所を有する金融商品ですから、融資をご検討の方は是非一度目を通しておくと良いでしょう。

楽天ローンの特徴でまず目を引く点は、やはり金利面についてです。年間金利は4.9%~14.5%と消費者金融とは比較にならないほど低金利で融資を行っています。また、銀行系の中でも低額な部類に入る商品ですから、非常にお得な運用を行う事ができます。

続いて重要なポイントが、審査書類の手軽さです。楽天自体元々ネットを中心に活動してきた企業ですから、当然楽天ローンの申込もネット上で行う事ができます。また、限度額が300万円以下の場合は収入証明が不要ですから、手続きにあたって用意すべき書類の量を減らす事ができるのです。融資を希望する時は常に時間的余裕があるとは限りませんから、この楽天ローンの手軽さは非常に嬉しい存在だと言えるでしょう。

また、最後に押さえておくべき特徴が、パートやアルバイトであっても申込が可能としている点です。銀行系キャッシングは審査が厳しい傾向にある為、パートやアルバイトでは審査通過が困難なケースは珍しくありませんでしたが、楽天ローンにおいてはこの点において積極的な姿勢が認められます。また、銀行系キャッシングですから専業主婦や主夫の方でも申込は可能(配偶者に安定的な収入がある事が条件)と、その門戸の広さは大きな魅力です。

即日キャッシングができる会社が増えてます

最近は即日キャッシングできるところが増えています。

申し込んでその日のうちに借りられるというのはとっても便利なものですが、即日キャッシングは申し込む時間がとても大切なのです。

金融会社によって違いがありますが、だいたい午後2時くらいまでに申し込み手続きが完了していたらその日のうちに銀行口座にお金が振り込まれますというところがほとんどで、中には12時までに手続きが完了していることが必要というところもあるんです。

だからお金がない時に即日融資があるからと思って安心していたら、申し込みが遅くなったり審査に時間がかかったりして振込みは翌日になりますって事もあります。審査は最短30分ですが、これは最短の場合なので余裕を持って申し込む事が大切です。

ではその時間が過ぎてしまっては即日キャッシングは無理なのかというと、自動契約機を利用する方法もあります。自動契約機の中には金融会社のATMも併設されているので、契約完了したらすぐその場でキャッシングできるようになります。

ただし自動契約機にも時間制限はあって、9時までに申し込みが完了している必要があります。審査や契約に時間がかかるので遅くても8時には申し込んでおきたいところです。

自動契約機って入ると他の人が入れないようにがちゃって鍵がしまるようになっています。余り長くいたくないと思う人も多いので、最初にネットで審査を受けておいて契約だけ自動契約機でした方が良いかもしれません。土日も営業しているので、そういった時にお金が必要になった時も便利です。

キャッシングの申し込み

私は現在独身の23歳。実家暮らしで仕事は会社で営業部に所属しています。年収は同年代の人間と比べてももらっているほうですが、家にお金を給料のほとんどを入れているので、生活はかなり質素だと思います。実家は、昨年に父が他界し、兄妹がいない私が母親世話をするしかない状態です。母は父が他界してしまったことで、心神喪失状態が続き、心も身体も弱っています。父が他界しなければ、今頃は一人暮らしをして、今よりも自由気ままに生活していたことを想像することもありますが、母が心配なので、家から離れることができません。

そんな生活をしているある日、母が倒れてしまい、病院へ入院することになりました。正直生活に余裕がない中で、保険に入っていない母が入院してしまうとかなりの出費になってしまいます。

私は困り果てました。入院費用が一日当たり5000円ほど掛かってしまいます。先生に相談すると、容態が安定しない内に退院させることは危険だと言います。かなりのプレッシャーと負担が私に掛かりますが、それでも大事な母の為に一生懸命働こうと決めます。ですが、どれだけ一生懸命働いても、足りないお金を補うことができません。

そんなときに、思いついたのが消費者金融にキャッシングの申し込みをすることです。今までキャッシングを利用したことはありませんが、今回ばかりはしょうがないと思い、キャッシングに申し込むことに。

家の近所にあった大手消費者金融の自動契約機から申し込みをしました。申し込み自体初めてだったので、かなり緊張しましたが、問題なく申し込みをすることができました。借金したことがないので、審査に問題はないと思っていましたが、それでも万が一審査に落ちることを考えたらかなり緊張しました。審査には1時間ほど掛かりましたが、希望金額通りに審査に通ることができて、生活をなんとかすることができました。母には、一日でも早く体調を良くしてもらい、私は一生懸命働いて、今ある借金んを完済していきたいと思っています。

キャッシングと利息

最短でお金を借りる方法とは?

キャッシングはとても便利です。日本人の場合、キャッシングというと借金というイメージが結びついてしまい、そして借金にはとてもネガティブなイメージがつきまといます。
断言します。それは誤解です。借金というとなんというか、堕落した遊び人というイメージを持ってしまうのですね。

確かにそう言う人もいるかも知れませんが、しかし、それは一部の人であって、お金を借りている人の大部分は借金をきちんと返しているはずです。
そうでなければ借金業者というビジネスは成り立たないのです。

さて、キャッシングと言うビジネスですが、当然利息というものがつきまといます。
それは当然で、利息が貸金業者の収入になるわけです。あなたが利息をきちんと付けて返す事で貸金業者が収入を得、その収入を元手に貸金業者があなたにお金を貸す。

このようにしてビジネスは回っていくわけです。利息は貸金というお金の流れを回し、引いては経済全体を回すという大事なものなのです。

利息というとやはりどうしても「不当」というイメージがありましたが、昨今の法整備により、社会から批判を受けるような利率でお金を貸すことは不可能になりました。
利息は業者によってまちまちですが、4.5%から18%と言うところが多いですが、少額であれば一般的には高くなります。

また、個人の「信用」によっても利率が左右されます。
信用と言っても漠然とした話ではなく、今までの「キャッシングの実績」によって判断されると言う事を意味します。

どうせ借りるなら金利はオトクに利用したい!

どうしても今日中に借りたい、でもどこで借りたら良いのか分らないという場合もあると思います。
更に少しでオトクに借りられたら良いですよね。

お金を借りると必ず返済日が来ます。返済では、元金だけでなく利息も支払う必要があります。

借りたお金はキッチリと返済する義務がありますが、利息については利用する金融機関によって少しでもオトクにすることが可能です。

利息を節約することによって返済の総額を減らすことができますが、その為には無利息サービスのある金融会社を利用すると良いですね。

特に新生銀行カードローン・レイクでは、2種類の無利息サービスが用意されています。
無利息期間はレイクで初めて借入れをする時に限定されますが、期間中ならば何度借入れや返済を繰返しても利息は「0円」です。

2種類の無利息サービスとは以下の通りです。

●30日間全額無利息

借入れから30日間は、借入金の全額に対して利息が掛かりません。
利用の限度額以内ならば、金額や回数に係わらず無利息となります。

●5万円まで180日間無利息

5万円までならば、180日間無利息になるサービスです。
ただし、借入れの上限は200万円以下となっています。

上記の2種類の無利息期間は、借入れの金額と返済の回数(返済期間)により、その選択が別れることになります。

詳しくはレイクの返済シミュレーションを参考にされることをおススメいたしますが、
少なくとも5~10万円以下の借入れならば、180日間無利息サービスを利用した方がオトクとなります。

折角の無利息サービスであること、2種類の内のどちらかしか選択できないことを考えると、
返済シミュレーションで支払う利息の総額を充分に把握し、どちらのービスを利用するべきか考えてみることが大切ですね。

無利息サービスを利用するメリットとは、前述のように期間中の利息を0円にすることができることです。
更にそれに加えて、利息を支払わなくても良い期間の返済においては、返済額と同額で元金を返済できることも大きなメリットです。
通常は返済金の中から利息分を支払い、最後に残った金額を元金の返済に充てることになります。

利息の支払いがなければ、その月は全額元金の返済分になるので、元金を早く減らすことができるのです。

その点から考えるならば、レイクの180日間無利息サービスを利用すれば、約6か月間は元金の返済のみ行っていくことができます。
この期間に集中的に元金を減らすことができます。

ただし無利息になるのは5万円までなので、借入額や返済回数が多いと6回分の利息が0円となっても、それほど大きな効果を得られない場合もあります。その場合には、借入金の全額を30日間無利息で借りた方が支払う利息が少なくなることもあります。

以上のことから、レイクの無利息サービスの利用はオススメとなりますが、どちらの無利息期間を利用するかということについては、
充分なシミュレーションが必要ということがお分かりいただけると思います。

その他レイクのコールセンターに電話をして、無利息サービスの選択について相談されると良いですね。